深夜からゴールデンに進出した番組

フジテレビ系のバラエティ番組の中には、最初は深夜枠として登場していたものが、
視聴率の上昇によってゴールデン帯に進出するというパターンがいくつかあります。

その中でも若手のお笑い芸人を多数起用しつつ、
斬新な切り口で攻めていた「ピカルの定理」は注目の番組でした。

ピカルの定理は2010年10月19日からスタートしたフジテレビ系列の
バラエティ番組でしたが、つい先日の2013年9月4日に最終回となってしまいました。

番組のスタート時には、まだ光っていない(と、自称している)
芸人たちが架空の修行場「ピカルドーム」でそれぞれの腕を磨くというコンセプトがあり、
実際そこで活躍をすることで有名になっていった芸人もいました。

こうした深夜枠のお笑い芸人が登場するバラエティとしてはやや珍しく、
レギュラーとして特に誰かを置くということはせずに、メンバーを流動化さることで
新鮮さを保つという方法で進められていきました。

こうした若手のバラエティの魅力というのは、古参のベテラン芸人さんたちのような
手慣れた面白さとは違った一生懸命で荒削りなコントやトークが見られるということであり、
そのひたむきな感じがついつい「応援したくなる」という気持にさせられるというものでした。

放映が始まったときには視聴率的には深夜枠としては
平凡な3%代という想定の範囲内くらいのものだったのですが、若い世代でファンがついていったことで
番組外で行うイベントなどではかなりの集客ができるようになっていきました。

そのような若手らしい体を張った売り込みがよかったのか、その後どんどんと視聴率を伸ばし、
ネット上での口コミ評判の良さも手伝って、2011年の4月からは全国ネットで放映されるまでになりました。

土曜23時という時間帯の放送でしたが、これが学生が休みに入ったあたりの時期から
急激に視聴率が伸びてきて、2012年にはついに水曜22時から、2013年には水曜19:57からと
ゴールデンの時間帯に進出をすることになったのでした。

ですが、結果的には早期に終了ということになってしまい、残念な感じは否めません。
なぜ失敗になったかということについてはいろいろな意見がありますが、
やはり一番はゴールデンに進出したことで深夜枠のときのような思い切ったコントやトークができなくなり、
当り障りのない内容に落ち着いてしまったからではないかというふうに言われています。

若手らしさが一番の魅力であったため、
それが生かせない演出では十分に面白さを引き出せなくなったのでしょう。