SMAP×SMAP

「SMAP×SMAP」は、初回放送が1996年4月からずっと現在まで続いている、フジテレビ系のバラエティ番組の中でもかなり息の長い人気番組です。
初回放送から数えてすでに20年近くが経過しているわけですから、番組が始まったときに10代だった人も今では30代になっていることになりますね。
当然のことながらメンバーたちもその年月の経過によって年をとっているわけですが、それでも画面の向こうで見られるそれぞれの姿は、20年前と変わらずカッコイイままですね。
そんないつまでもかっこよさをずっと維持しているSMAPのメンバーたちだからこそ、ここまで長く続けてこれたのでしょう。

番組の内容もこの20年の間に若干の変更がありました。
番組当初から大人気のコーナーであった「BISTRO SMAP」はそのまま残されていますが、番組後半になるコントや歌のステージについては時代とともに少しずつ変更になっています。
また他のジャニーズ系のバラエティ番組などでは、毎回必ずメンバーがいなかったり、他の司会者やコメンテーターのアシスタント役として起用されることがよくあるのですが、この「SMAP×SMAP」は例外的です。
タイトルの通りSMAPのメンバーがそれぞれに番組を回す役割をしており、何か事情がない限りは基本的に毎回5人全員が登場しています。
過去にメンバーが揃わなかった時期としては、交通事故でトラブルを起こした稲垣吾郎さん(2001年)と、飲酒トラブルを起こした草なぎ剛さん(2009年)の一時期のみで、そのあとで復帰をしてからは5人で毎回登場しています。
そうした一時的な休業を乗り越えても同じく番組に戻ってくるというところも、このSMAP×SMAPでの1つの魅力と言えるかもしれません。

人気の「BISTRO SMAP」では、女性ゲストを中心に毎回その時々に話題になっている旬の人を呼んでいます。
番組が始まった頃は女性のみという限定ゲストにして、2人ずつにわかれたチーム対戦で勝った方がキスをするというなルールだったのですが、今では男性ゲストもたくさん呼ぶようになっています。
男性ゲストのときは勝利者へのキスはないのですが、時々やってくれるゲストさんなどもいるのでそのあたりも楽しいです。

ゲストとして驚くのが、時々非常に珍しい人も訪れるということです。
レアな例として、1999年に現職の国会議員であった小泉純一郎氏が訪れており、他にも安倍晋三氏や麻生太郎氏、石破茂氏といった面々も訪れたことがあります。
他にも海外から2010年にミハイル・ゴルバチョフ氏が来たことがあるという他のバラエティ番組では絶対に見られないような内容であることも、この長寿番組の人気の理由になっています。