アナウンサー出身者が活躍の番組

あまり深夜番組を観ない人などは、フジテレビの女子アナウンサーの一部が
「チノパン」「アヤパン」のような「○○パン」と呼ばれる理由がよくわからないようです。

この「○○パン」という言い方の元祖となっているのは「チノパン」という
当時フジテレビのアナウンサーであった千野志麻アナが司会をしていた番組です。

名前が「チノ」であったことからパンツの「チノパン」に引っ掛けての名前でしたが、
千野アナが番組を卒業することとなり、そこで後番組として同じくフジテレビのアナウンサーであった
高島彩アナが起用されることとにひっかけて「アヤパン」という名称がついたのです。

高島彩アナはフジテレビのアナウンサーの中でもかなる群を抜いた人気があったので、
「チノパン」の頃は比較的マイナーな印象だった「○○パン」という言い方が、
一気に一般的な名称として有名になったという流れがあります。

高島彩アナ降板後には、生野陽子アナ(ショーパン)、加藤綾子アナ(カトパン)、
松村未央アナ(ミオパン)、山﨑夕貴アナ(ヤマサキパン)、三田友梨佳アナ(ミタパンブー)と
続いていったので、確かに最初の「チノパン」をよくわかっていない人にとっては
なんで「パン」なのかわかりませんね。

番組の内容は初代チノパンの頃からだいたい同じで、
名前を冠したアナウンサーがメインとなって行うトークが中心です。

フジテレビが他局と大きく違う特徴の中には、
この「○○パン」のようにアナウンサーがタレントと同じような扱いをされているということがあります。

参考:フジテレビのアナウンサー番組「アナバン!」

毎朝の人気番組「めざましテレビ」出身のアナウンサーもその後
タレントやグラビアアイドルなどに転身していった例が多く見られており、
賛否両論はあるものの、とにかくフジテレビに入社するアナウンサーは
他局とは違ったキャリア形成ができるということは確かなようです。