FNSスーパースペシャル

フジテレビのバラエティ番組として、1987年から続いているのが「FNSスーパースペシャル」です。

FNSスーパースペシャルは第一回目では
「FNSスーパースペシャル1億人のテレビ夢列島」という名称でスタートしました。

最初は同じ時期に放映されていた日本テレビ系列の
「24時間テレビ愛は地球を救う」のパロディとしてスタートをした番組でしたが、
お笑いビッグ3が揃い踏みするという超豪華企画の効果もあって、
例年以降に繰り越していくことになりました。

それ以降もどんどん有名人を積極的に出演させていったこともあって、
現在も毎年熱狂的ファンからの支持を得るモンスター番組にまで成長しました。

なつかしの第一回目では、総合司会をタモリとさんまが努め、
ビートたけしが重要ゲストとして登場するような形となっていました。

他の出演者も、山本晋也、片岡鶴太郎、所ジョージなどと、
今となってはまさに夢の様な共演ぶりとなっています。

 

27時間テレビのおもしろさは、長時間生放送をすることで垣間見れる芸能人たちの素顔です。

特にテンションの上がってくる深夜の時間帯には、
アイドルグループなどをゲストにしたトークが行われており、
そこで徹夜のテンションにまかせてかなりきわどい内容が話されることもしばしばです。

さらに2012年の放送時には、総合司会のタモリが実際に100万円近い物品を購入するという
シチュエーションが生じており、そのときに財布から取り出した
「ブラックカード(クレジットカードの中でも収入が非常に高い一部の人にしか発行してもらえないカード。
利用制限がないのが特徴)」が出演者と視聴者の目を一瞬で奪ったという珍事もありました。

ビッグ3は芸歴が長くしかも頭の回転が非常に早いため、
おそらくは台本がきちんと決まっている番組なのだろう場面で、非常に自由な話術を見せてくれたりします。

そんなあけすけさをより身近に感じることができるというところも、
27時間テレビのお祭り気分を大きく盛り上げてくれる要因です。

 

また、日本テレビ系の「24時間テレビ 愛は地球を救う」が
チャリティー番組という建前で募金を全国で集めるイベントをしているのに対し、
27時間テレビの方は清々しいまでにバラエティとしての本業を果たしてくれています。

視聴者の中には24時間テレビと27時間テレビを勘違いして、フジテレビに募金を持ち込んでくる人も
たまにいるようですが、フジテレビとしてはこれを丁重にお断りしているのだといいます。

すでに初回放送時から30回目を近くに迎えている「FNSスペシャル」ですが、
いまだに続けられているということは、製作者側が毎年の内容をマンネリ化しないように
企画を新しく考えていっているためでしょう。

個人的な予想ですが、この番組に終わりがくるとしたら
ビッグ3の誰かが引退などをするときではないかと思います。

毎年何らかの大きな話題提供をしてくれているこの番組の寿命が
できればもっと長くまで続いていってくれればいいですね。