時代を作ってきたフジのバラエティ

日本のテレビキー局のうち、今一番勢いがあっておもしろい番組を作っているところといえば、
やっぱりフジテレビではないでしょうか。

フジテレビは全国でも放送される地域の多い局だけあって、
誰が見ても楽しめるようなとても質のいい番組を多く作ってくれています。

今もたくさんの人の記憶に残っている有名番組・名物番組の多くはフジテレビで作られており、
その時代の流行をずっと引っ張ってきました。

中でもフジテレビ製作のバラエティ番組は特別に人気が高く、視聴率的にも数々の記録を樹立しています。

 

フジテレビはもともとは文化放送とニッポン放送を母体として、
大手映画会社からの出資を受ける形で1957年に誕生しました。

テレビ局として免許をうけたのは1959年(昭和34年)からで、
以来1964年の東京オリンピックなど日本国内に情報や娯楽をたくさん与えてきてくれました。

フジテレビで製作された番組を歴史を追ってみていくと、
他のテレビ局と比較して最初に注目をあつめるようになったのは、なんとアニメの分野であったといいます。

1963年には今も世界的に評価の高い「鉄腕アトム」が開始され、
1965年には「ジャングル大帝」と続いていきました。

1970~1980年代までではそれ以外の番組分野では
特に高く評価をうけることのなかったフジテレビでしたが、
大きな転換となったのが1981年に開始された
「THE MANZAI」「オレたちひょうきん族」「笑っていいとも」といったバラエティ番組でした。

これが出演者の力量とプロデューサーの努力もあって、
30年以上がたった現在においてもまだ多くの人に好かれる番組にまで成長しました。

その後はバラエティ番組の枠をきちんと確保していきながらも、
ちょっとカルトな深夜番組にも力を入れ始め、90年台にスタートした深夜枠の番組の数多くが、
プライムタイムにまで進出するモンスター番組に発展していきました。

fujitv-pic企業としてのフジテレビも、1997年に新都心・お台場に社屋を引越ししており、それに誘導される形でゆりかもめ線が開通し、
レインボーブリッジなど他の有名スポットが登場していくこととなりました。

現在フジテレビ社屋は東京観光の有名スポットとなっていて、数多くの観光客を誘致しています。

この人気も、フジテレビがバラエティに強い=レジャーランドとしても強みを発揮できる、
というブランド力を持っていたからのことでしょう。

 

このサイトでは、そんなフジテレビの歴史の中に登場してきたバラエティ番組を細かく解説していきながら、
番組としてのおもしろさの秘密や時代に与えてきた影響などを調べていきたいと思っています。

参考:現在放送中のフジテレビのバラエティ一覧

フジテレビを知ることで、もっと楽しくフジテレビのバラエティ番組を見れるようになるので、
どうぞお付き合いください。

 

THE MANZAIイメージ(画像クリックすると公式サイトへ移動します。)
THE-img